会員ID:
パスワード:
 
トップページアイデアレシピ トップ > 秋鮭といくらの親子丼
ニビシ商品を使ったおすすめ料理をご紹介 アイデアレシピ
秋鮭といくらの親子丼
秋鮭といくらの親子丼
秋鮭といくらの親子丼
【材料(2人分)】
サーモンのお刺身 2人分/イクラ 適量/卵 1個/玉ねぎ 1/4個/ご飯 丼2杯分/スプロウト(かいわれ) 適量/料亭ぽん酢うまくち すだち 適量
いくらつけだれ…Ⓐ
酒 200奸燭澆蠅鵝80cc/水 200cc/特級うまくち醤油 100cc
使用した二ビシ商品 特級うまくち醤油 料亭ぽん酢うまくち すだち
作り方
1. (Ⓐ)のたれを作る。まず手鍋に酒とみりんを入れ、一度煮きる。そこへ水と特級うまくち醤油を加えて沸かし、冷ます。
2. 1のたれにイクラを半日ほど漬けておく。錦糸卵を作り、玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、水気を切っておく。
3. 器へご飯を盛り、サーモンのお刺身をぽん酢にくぐらせ、上に乗せる。その上へ玉ねぎと、タレを切ったイクラを乗せ、スプロウトを飾ってできあがり。
山口シェフのワンポイントアドバイス
● 料亭ぽん酢うまくちすだちを使って、「簡単マリネサーモン」を作ります。すだちの香りがお魚の臭みを消してくれますので、他のお魚にもぜひ!応用でカルパッチョや手巻き寿司などにもどうぞ。
● 「塩イクラ」を使う場合は、そのままでは塩辛くなりすぎるので、薄い塩水に1時間くらい漬けて「塩抜き」をしてから使いましょう。